« 2005年5月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

2005年8月25日 (木)

ちゃんとしてくれよ

京都府警、天皇・皇后両陛下の移動経路文書盗まれる
 京都市を20日に訪問された天皇・皇后両陛下の移動経路を書いた京都府警の内部文書が、交通整理訓練中に盗まれていたことが24日、分かった。不測の事態に備え別の経路に変更し、トラブルはなかった。府警は窃盗事件として調べている。

 両陛下は20―23日の日程で京都、大阪両府と兵庫県を訪問。20日午後に新幹線でJR京都駅に到着した。車で約4キロ離れた京都大宮御所に移動し、皇后さまの古希祝いの茶会に出席、御所に宿泊した。

 府警交通規制課によると、盗まれた内部資料は両陛下の車の通過時間や警察官の配置、一般車両の規制方法などが記された「交通対策資料」の一部で、A4判約20ページ分。

 交通整理訓練は百数十人態勢で6日午後1時から実施。京都市内の4条堀川交差点で訓練に参加していた男性巡査(28)が資料を雨がっぱの袋に入れて歩道に置き、上司と打ち合わせして数分目を離したすきに、袋ごと盗まれたという。

 巡査はすぐに上司に報告。府警は協議の結果、京都駅から御所までの経路を、事前に用意していた別のルートに変更した。〔共同〕 (18:57)


京都府警ってのはほんとにどうしようもないね。自覚がなさ過ぎる。
もしこれで天皇、皇后両陛下の身に何かあったらどうするつもりだったのか。
犯人逮捕は当然のこと、仮に若手巡査にちょっとお目玉くらわすくらいのことで
この不祥事を終了させるような事を考えているとしたらとんでもない事だぞ。
きちんと政府や国民に対する謝罪、再発防止策の提示とそれを実行している証明をしてもらわないとな。
せめて府警のウェブサイトに謝罪文載せるくらいのことはして欲しいぞ。

「府民とともにあゆむ力強く信頼される警察」が聞いてあきれるよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チベット上空に竜?

さすが中国!
ちょっと前のニュースなんでつが

 【大紀元日本8月16日】ある人がチベットの雪山上を飛行中、二体の竜のような形をした奇異な物体を撮影した。
この写真を提供したのはカメラ愛好家で、去年の6月22日、チベット北部の青蔵公路で儀式に参加した後、ラサから飛行機で帰る途中だった。

で、その時撮られたという写真。
508042832628ロング

508042900628アップ


これはマジすごいぞ。
是非とも追跡調査をしてもらいたいね。
見た感じ相当デカそうだから、メリケンの衛星でキャッチできたりしないのかな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

別にいいじゃんねー

「ピアノマン」が沈黙破る…同性愛者のドイツ人

 【ロンドン=飯塚恵子】英大衆紙デイリー・ミラー(電子版)は22日、英南東部ケント州の海岸で4月初めに保護され、「謎のピアノマン」と言われた身元不明の男性がドイツ人で、一言もしゃべらなかったのは医師らをかつぐための芝居だったと報じた。男性は20日、ドイツに飛行機で帰国したという。

 同紙によると、男性は19日、病院職員がいつも通り「きょうは話をしてくれる?」と語りかけると、「はい。そうしましょう」と初めて口を開き、自らの正体について告白した。

 それによると、男性は同性愛者で、パリで失業し、4月に高速列車に乗って英国入りし、自殺を図ろうとしていた。

 男性については、当初、「身元を尋ねられると、無言でピアノの絵を描き、見事なピアノ演奏を披露した」とされていたが、実際には、ピアノは同じキーをたたき続けるだけで、ほとんど演奏できなかった。ピアノの絵は「最初に思いついただけ」と話した。

 男性は以前、精神医療関係の仕事に就いていたことがあり、2人の専門医や看護婦らはまったくだまされてしまっていたという。英医療当局は、4か月余りの診断費、入院費などの返還を求め、男性を訴えることを検討している。

 男性について各国メディアが大きく報じたため、世界中から身元に関する情報が1000件以上寄せられたが、これまで身元は特定されなかった。
(読売新聞) - 8月22日11時46分更新


まあね、人をかついで世界中を騒がせた事はイカンとは思うけれど、
それを伝えるニュースにわざわざ「同性愛者」って書く事に疑問を感じます。
そこに何の意味があるというのかね?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年8月 9日 (火)

ひとまず手仕舞い

以前にちょこっと紹介していた先物ですが、今月の始めに手仕舞いしました。

4月から始めて約4ヵ月、一時はどうなることかという事もありましたが、
最終的には元手の1.8倍くらいにはできましたよ。

途中で余計なものに付き合わなければもう少し行けたんだけど、
まあ、結局は自己責任だから仕方がないね。

真面目に仕事しないで現金を増やせたんだから、良かったよね。
収入源の無い隊長にとっては、まったくもってありがたい事でつよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年9月 »