« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

2006年8月25日 (金)

子供を危険から守る?

次代を担う子供達とその保護者が安心して暮らせる社会環境を作るって事で
「キッズデザイン協議会」なるものが設立されてるそうです。
バリアフリーやユニバーサルデザインに続き、
キッズデザインで安全なもの作り環境作りをするというのは
とても良い事だと思いますが、なんにも考えない子供が増えそうで
なんだかなーな気分も少々…

小学生の時の話し。
社会科で班ごとに研究した事を発表するっていうのがあって
図書館で昔の新聞等を見たりして、自分の学校に関する過去記事を漁っていた。

その時発見した中に「鉛筆削り機を寄付」っていう記事があって
詳しくは憶えてないんだけど、どっかの大人が学校に100台ぐらい
鉛筆削り機を寄付したっていう有難い話しだった。
この時の大人達はこれで刃物という危険から子供達を守る事ができたと喜んでいるのね。

でもその記事を見て小学生の隊長は
「今時の子供等はナイフで鉛筆も削れないって言うけど、
大人達がそういう風に育ててるんじゃねーかよ!」
って思ったね。

こないだも相方とテレビ見てた時、
ニュースで子供がぶつかっても怪我しないようにって
柔らかい素材で縁取りされたテーブルなんかが紹介されてたのね。

うちら二人の見解はそんなテーブルを作るよりも、
カドに頭ぶつけたら痛い思いするんだよというのを教えたり、
あるいは体験する事で学んで行く方がよっぽど本人のために
なるんじゃないかってことでした。

日本は銃の所持に厳しい規制をかけているから、銃の存在は非日常の事です。
なので街中で「バーン!!」て音を聞いた時にそのまま突っ立っている人がほとんど。
だけど欧米ではみんなさっと身を屈めるんだそうです。
これを良い事だとはとてもとても言えませんが
現代人の危険予測、回避能力は激しく低下していそうだね。
(自分も含めての話)

子供等を危険から遠ざけるんじゃなくて
何が危険かをしっかり教えて、それを回避する知恵や知識を
育む方向で社会が進んで行ってくれたらいいと思うんだけどな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

庭で放し飼い

ももの小屋の屋根にカナヘビのカナコ発見!
右上の隅っこに注目

ここだよ!わかるかな?
カナコ

そっと手を差し伸べると
舌をチョロチョロしてから乗っかってきたよ(^-^)
カナコ

眼がクリクリでしっぽが長~い!
危険な目に会うと、このしっぽを切って逃げます。
カナコ

きっとこないだ孵化した子供だね。
しがみつく足が超ラブリィ!
良く懐いてるでしょ?
カメラを前に心なしか緊張しているようです。
このあと隊長の腕をちょろちょろ伝ってきて
しばらく肩にのって遊んで?いましたよ。
気分はすっかり「ナウ○カ」と「テト」(笑)

こんな風に人にも良く慣れるので
本格的に飼育している愛好家の方も
結構いらっしゃるようですね。

次に見つけたのはカマキリのカマキチ。
01_1

これも人間に良く慣れていますね(ホンマかいな)
コカマキリという種類かも?
02_1

でもカナコに比べると落ち着きがないね。
危険な目に会うと死んだフリをするそうです。
03_1

アミ戸越しにさつきとご対面。
さつきの表情が微妙なのがおかしいね。
04_1
これは茶色だけど、緑色の子供カマキリもうろちょろしてたな。
手を出したら挑戦的な態度でぱっと逃げて行きやがった!
もしかしたらチョウセンカマキリだったのかも知れません(爆)
↑白状します。あるサイトのパクリです(^^;)

みんな無事に育ってくれるといいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

諸々いい具合

台風接近の影響で久しぶりの雨模様。
その分気温も低めで過ごしやすいね。

外ではセミどもがジワジワ騒いでる。
夕暮れ時にヒグラシの声が響いてくると非常に気分がイイ。

何週間か前に庭で発見したトカゲ(カナヘビ)の卵。
4個あったんだけど全部無事に孵化したっぽい。
ちっこいのが塀をちょろちょろ歩いてた。
実は発育中の卵をひっくり返すと呼吸の関係で死んじゃうって
後で知って不安だったんだよね。
拾い上げて眺めたりしてたから…

今年は蜘蛛が当り年なのか?
カとかガみたいな「イヤん」な虫を捕まえてくれる有難い存在なので、
うちでは特に駆除をしていないんだけども、そのせいもあってか
あっちこっちにスパイダーネットが張られている。
(念の為に書いておきますが庭での話しだからね)

去年の朝顔市で買ってきた朝顔の子孫達は
葉っぱばかり繁りまくりで、今のところ花を咲かせるそぶりも見せていません。
どうやら剪定が必要らしいがシロウトには良くわからんのよ。
まあ夏はこれからだから、この先の展開に期待しよう。

以前毛虫にたかられて壊滅状態になったミントは
根元からバッサリきれいにしてやったら、また新しい葉っぱがでてきて
大分復活してきたね。ハーブは強いな~。

老犬アイドルの「ももじ」も食欲が復活。
一時、手ですくってあげないとゴハン食べなくて大変だったんだけど
最近は以前のように一人でぱくぱく食べてくれるようになった。
夜中にぐずるのも落ち着いているし。
ルイボスティーとDHA、EPAがやっと効いてきたかな?
部長のところの「ハヤト」はももと同い年らしいけど相当よぼよぼだってね。
やっぱし女の方がたくましいってことか…

「さつき」は相変わらずお気楽ご気楽。
最近はねずみも出てこないし平和な日々でつよ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

恐るべしJASRAC

無断生演奏で賠償請求…1曲180円計1600万円

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は31日、音楽の使用料を支払わずに生演奏し、著作権法違反罪で有罪が確定した名古屋市の元飲食店経営の女性社長に、使用料など約1600万円の支払いを求める訴えを名古屋地裁に起こした。

 協会によると、生演奏の使用料をめぐって、賠償請求に発展するのは珍しいという。

 訴えによると、女性社長は名古屋市中区の繁華街にあった店で今年2月まで、音楽の使用料を支払わずにバンドで生演奏した。使用料は1曲180円、1カ月で約11万円の計算という。

 協会が愛知県警に告訴し、同社長は2月に逮捕。名古屋地裁で5月に有罪判決が言い渡され、確定している。

ZAKZAK 2006/08/01

ふーん。
女性社長が「逮捕」→「有罪確定」って、かなりのモンだよねぇ…
控訴しなかった(できなかった?)のかな?

この店がどんな営業していたのか詳しいことは知らないんだけど、
JASRAC容赦しねえなーってのが率直な感想。

最近は悪質なサイトだけにとどまらず、
個人が細々とやってるサイトもガンガン標的にされているし、
ほんとおっかねー組織だな、JASRAC。

昔から芸能界とマフィアの関係は切っても切れない蜜月なのが暗黙の了解だけど
JASRACも裏で暴力団の資金源になってんじゃねえの?
なんでも理事長の報酬は年間3500万円!!くらいあるらしいし
優秀な天下り先として八面六臂の大活躍でつよ。

バンドによる生演奏はもちろんのこと、
店内にCD流してるのも著作権料請求しているらしいからね。
そのうち姉貴のライブハウスにも手入れがあったりして(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »