« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

訃報

11月29日の深夜、映画監督の実相寺昭雄さんがお亡くなりになりました。
まだ69歳。胃がんだったそうです。

実相寺監督と言えば「怪奇大作戦」や「ウルトラ」シリーズを思い出します。
学生時代、特撮ものにはまっていました時期があり、
実相寺監督は私達にとって、まさにカリスマ的存在でした。

「シルバー假面」が遺作となったようです。

心よりご冥福をお祈り致します。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月27日 (月)

ふじいあきらマジックショー

26日の日曜日はアリオ亀有にふじいあきらさんが来ると言う事で
相方と二人、張り切って見に行ってきました。

ふじいあきらさんのマジックを生で見るのは初めてなので
超気合入れて、1時間以上前から席取りですよ(^-^)

ステージに登場したふじいあきらさんは
テレビで見てきたのと同じ顔でした(当り前)
軽いトークから始まりましたが、何だか噺家がしゃべるような口調で
そして微妙に時間が長く感じましたね(爆)

そしていよいよマジックがはじまりました!

始めは赤いシルクとスクリューキャップを取り出し、
それをごにょごにょして1.5Lくらいのペットボトルを
出現させました。これは鮮やか!

次に破いた紙ナプキンの復活を見せますが
途中、丸めた紙が手から床へポトリ。
やばい、タネが解っちゃった!と思いきや
実はこっちも復活してますよ~、というオチ。
なるほどね!面白い!

続いては会場から子供を舞台に上げて助手を務めてもらいます。
ふじい「今日はどこから来てくれたのかな?」
こども「…家…」
会場爆笑。

まずはトランプを一枚引いてもらい、会場の皆さんで憶えます。
次に無地のシルクを丸めて子供に持たせますが、
おまじないをかけるとなんとシルクが先ほど引いたカードと
同じ絵柄に変化しています。スイッチうまいな~
シルクを広げカチコチで決めポーズをとる子供ですが、
舞台を下りて家族の元へ帰ってきたらきゃっきゃきゃっきゃ
楽しそうに笑ってました。

他には、
ロープマジック(ワンロープトリック?)
結び目が取れたり輪っかになったり…
バーノンズでゆかりたんが見せてくれていたマジックですね。

コーラ瓶消失
紙袋にコーラ瓶を入れると筒状のポテチの入れ物に変わり
瓶が消えるというマジック。
筒の中に瓶があるのでは、と観客達が疑いを持ちますが…
最後はビックリネタで終わります。

フォーク
なんとフォークが曲が…らずに伸びます(笑)
でもマギー○司のやり方とは違って
見せ方がとても綺麗でしたね。

ジャンボカードを使ったカードの予言
ここも子供を一人呼んでやってました。
「開運!なんでも鑑定団」で演じていたネタですね。

最後は風船を飲みこんでくれました!
実はこれを一番期待していたりして…
最近テレビでもあまり見ることがなくなっていたし
生で見るのはもちろん初めてなので
すげ~な~!と興奮しましたね。

全体を通しての感想ですが、
ちょっと物足りないかも…というのが正直なところです。
部分的には唸らせるものがありましたが、ステージショーとしての完成度はいまいち…
たまたまたくさん人が集まったので、せっかくだから何かマジックを
やりましょうかみたいな、雑談をしながら手品見せてくれる感じ。

今までぴーちゃんことムッシュ・ピエールさんのステージを
あちこちで何度も見てきました。
同じ30分のステージでも、ぴーちゃんはタイムテーブルに沿って
きっちり見せて(魅せて)くれるという感じなんですが、
今回は何となく手品を見ていて30分たったのか、みたいな印象です。

ふじいあきらさんはもともとぐいぐい観客を引っ張るタイプではなく
つぶやき系?マジシャンだからかも知れませんね。
テクニックは今更言うまでも無く天下一品ですし、
クロースアップでは独特の魅力を醸し出しています。
テーブルでカードやられたら間違い無く熱出すでしょう(笑)

でも現象の見せ方や「演じる」という点においては
ぴーちゃんのステージには遠く及ばない完成度でした。
やっぱしぴーちゃんの様にはっきりしたキャラクターがあるのって
強いよな~と改めて思いました。
Akira
会場が撮影禁止だった(ショッピングセンターの場合多いね)ので
途中で撮影タイムを設けてくれたふじいあきらさんです。
何気にカメラに目線もらえてラッキーでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

なんとも心強い!

先日のギミックコイン事件に関するTV報道について
あちこちでマジシャン達(プロアマ問わず)から怒りの声が
上がっていますが、ある弁護士先生が大活躍の予感ですよ。

先生のブログはこちら

マジックを一人で練習してて引っかかっている時に
プロの方にちょっとアドバイスもらうだけで
「ぱっ」と光が見えてくることが多々あります。

何でもそうなんだけど、専門家の人が言うことって
やっぱり的を射てるっていうか、非常に解りやすい。

なのでマジック愛好家に法律のプロがいて
味方になってくれているってのがとても心強く感じられたのでした。
(つーか警察や司法関係者にだってアマチュアマジシャンが
うじゃうじゃいるとは思うがね)

ところでコメント読みに行ったら大好きなボンバーさん
書きこんでらっしゃってビツクリ!
一緒に小野先生を応援しましょう!

それと大阪遊びに行った時は、またよろしくお願いします(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

ありゃま~

硬貨に穴開け逮捕 手品用、ネットで販売(共同通信)
 手品用コインを作るため硬貨に穴を開けたとして、警視庁は15日までに、貨幣損傷等取締法違反の疑いで大阪市天王寺区上本町、手品用品販売業庄野勝吉容疑者(58)やマジシャン谷口武容疑者(24)ら4人を逮捕した。庄野容疑者らは本物の硬貨にトリック用の穴を開けるなどした手品用品をインターネットなどで販売。有名マジシャンも顧客だったという。同法は貨幣を損傷することを禁じている。

[共同通信社:2006年11月15日 12時55分]


その筋じゃ超有名な方じゃないの!
別に北朝鮮みたいにニセガネ作りしてる訳じゃないからいいじゃん、
とか思うんだけど法律では禁止されているからねぇ。

なのでギミックでは外国の硬貨(ハーフダラーとか)を使う事の方が多いみたいです。

でも例えばお客さんから借りた100円玉を使って…とか
マジックにリアル感を求めてやろうと思うと日本の貨幣を使う方が
当然ながら効果は絶大なんだよね:-)

多分罰金で収まるとは思うけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »