« 訃報 | トップページ | ASIMOが~ »

2006年12月13日 (水)

まさお君永眠

テレ東「ポチたま」で大人気だった初代旅犬のまさお君。
リンパ癌の為に7歳という若さで虹の橋を渡ってしまったそうです。

社長賞ももらったことだし、のんびりと隠居生活を送って欲しいと思っていたのにね…

これからは天国からこども達の活躍を見守っていてね。

|

« 訃報 | トップページ | ASIMOが~ »

ペット」カテゴリの記事

コメント

reineおねえちゃんのとこから時々こそぉりおじゃましてました、三毛のキャンプ猫のGaviちゃんと申します。(←ていねいな割に自分にはちゃんづけかよ!)
初代まさおくんが亡くなったって聞いてびっくりしちゃいました・・・
ご冥福をお祈りします。

投稿: Gavi | 2006年12月13日 (水) 17時54分

ワタシも昨日メールもらって驚いた。
引退したばかりなのに・・・
まさおくん、いつも元気でみんなの人気ものだったのになぁ。
悲しい・・・(TДT)

投稿: reine | 2006年12月13日 (水) 18時12分

Gaviちゃん、reineちゃんいらっしゃい!

警察犬や盲導犬のように仕事を頑張っていた犬は
現役引退すると気が抜けて、急にしょぼくれて
しまうことも少なくないらしいですね。

まさお君もそんな感じだったのかなあ…?

投稿: 隊長(taichow) | 2006年12月14日 (木) 11時42分

ぜんぜん、そんなふうには感じなかったなあ。
元気いっぱいだったのになあ。残念です。

投稿: とっこのもんもん | 2006年12月20日 (水) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40832/13054133

この記事へのトラックバック一覧です: まさお君永眠:

» ペットロスから立ち直るとき―愛犬レイアがくれた無償の愛 [犬猫ペット用品ドットコム]
ペットの死は、飼主やその家族になんら落ち度がなかったとしても、人に深い罪の意識と悔恨の情をもたらす。愛犬との日々と突然の別れ、立ち直るまでの道程を綴り、ペットロスについて考える。 [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 18時00分

« 訃報 | トップページ | ASIMOが~ »