« 牛スジでカレー | トップページ | 言うなれば「確信犯」 »

2008年5月11日 (日)

昔会った変なガイジンの話

隊長は若い頃、ゲームセンターの店番をやっていたことがあるんだけど
ほぼ毎日のようにスーパーハングオンをやりにくるヒゲ面の外人さんがいた。
Hungon

そのうち「ハーイ!」とか挨拶するようになって、
「ココガアブナイ!」とか盛り上がってるのを楽しく眺めてた。
いつも1プレイだけやって「グッバイ!」と去って行く。

英会話学校の講師でもしてる人なのかなーと思っていたんだけど
昼間から遊びに来た彼に今日は休みなのか、仕事は何してるのかと
たずねてみたらシンガーだと言う。

「クワタサン、シッテマスカ?
イマイッショニシゴトシテル。アノヒトスゴイ、テンサイ!」

クワタサン←サザンの桑田とわかってびっくり(笑)
この人、一流のプロミュージシャンじゃないか!

ある時、今日はデモテープ録音してきたよとウォークマンで聞かせてくれた。
その後TVCMでばんばん流れていた曲で、
どうやら「愛は花のように(Ole!)」だったようです。

そんな事をふいに思い出したので探してみたら、見つけましたよ。
ルイス・サルトールさんと言う方だったんですねー。
(↑リンク先、音楽が流れ出すので音量注意です)

なんだか色々活躍されてるようでスゴイですね。

|

« 牛スジでカレー | トップページ | 言うなれば「確信犯」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40832/41169984

この記事へのトラックバック一覧です: 昔会った変なガイジンの話:

« 牛スジでカレー | トップページ | 言うなれば「確信犯」 »