« 2010年10月 | トップページ

2010年12月

2010年12月30日 (木)

カオス

私は旅行記を書くために、俳優のAさんと二人
とある温泉地を訪ねました。

宿泊するホテルは大変立派で大きな建物でした。

私達二人は晩ご飯のために食堂へ行き、
その地方の名物と言われている料理を頼みます。
給仕さんの説明によると「ちらし寿司」のようなものだそう。

注文を終えた私は、料理が来る前にお手洗いを済ましておこうと
Aさんに断りをいれて席を立ちました。

広いロビーへ出て辺りを見渡すと、トイレのシンボルマークと
場所を示す矢印のプレートがすぐに見つかったので
そちらへと歩き出します。

数歩歩いたところで私は違和感を覚えました。
普通に歩いているだけなのに、どうも足取りが重い。

どうやら進行方向に向かって上り坂になっているようです。
(おかしな作りの建物だな…)と思いながら歩を進めます。

そばでボール遊びをしていた子供の手からボールが落ちました。
ボールは坂道をコロコロと上って行きます。
子供はそのあとを追いかけて行きました。

重い足を引き摺るようにしてロビーの端までどうにか辿り着くと
上りの階段があり、トイレの方向を示す矢印があります。
(まだ上るのか…)と呆れながらも階段を上ります。

段々と階段の幅が狭くなり、終いには人一人がやっと通れる位の狭さです。
勾配もきつくなり、ほとんど梯子のような状態です。

気がつけば私以外にも数人の男性客が階段を上っています。
皆ぶつぶつと文句を言っているようです。
さらに階段の段差がまちまちで、高かったり低かったりするので
とても上り辛くなりました。

途中でハゲデブのおっさんにムリヤリ先に行かれたりしてムッとしながらも
なんとか上り切ると、薄暗く広い場所に出ました。
さっきまで一緒にいた人達はもういません。

奥の方にゲームコーナーがあります。

大きな筐体のゲーム機がたくさん並んでいて、
遊んでいる客はいませんがデモの音が響いていて賑やかです。

私はある一台に注目しました。
アップライト筐体で直径が1.5m程の円形スクリーンがあり、
そこにAさんが映っていてこのゲームの説明をしています。

(Aさん、こんな仕事もしてたのか)
私は携帯を取り出し写真を撮りました。食堂に戻ったらAさんに見せて
笑ってやるつもりでした。

そんな寄り道をしたせいでトイレの場所を見失い、
ようやく案内プレートを見つけそちらへ進むと、また上りです。

今度は細く急な砂利道で、這いつくばるように上って行きます。
少し進むと親子連れの3人が行く手を阻みます。
少年が右に左にジグザグと動いているのでなかなか前に出られません。

なんとかタイミングを合わせ少年をかわし
追い抜きざま振り返り、「ごめんね!」と声を掛けると
彼は鼻を垂らした顔をほころばせました。
親たちはすんなり道を譲ってくれました。

さて、頂上へ着くとまた広い場所に出ます。

その片隅にようやくトイレを発見、中に入ります。
個室が4つありますが、小便器は1つしかありません。

小便器の前には小さなモニターが付いていて
何かのCMと思しき動画が流れています。

用を足していると、スーツを着たサラリーマン風の
若者が数人やってきて私を囲みます。
どうやら彼らはモニターを見たいようでした。

(個室に入っておけば良かった…)と思いながらも
さっさと済ませ、私はその場をを立ち去りました…

ってところで目が覚めたwww
カオスすぎるwww

念の為言っておきますが、
お漏らしはしていませんでしたよε-(´∀`*)ホッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ